Tomoko Hisamatsu

SELECTED WORKS  BIOGRAPHY  STATEMENT  NEWS  CONTACT

 ”300 Yen Paintings” 2020, Installation view at Gallery Tsujirushi, Fukushima

新着情報 | News

2022年8月11日
・ 個展の情報を掲載しました。


久松知子個展「ホワイトキューブの向こう側」


久松知子「ホワイトキューブの向こう側」
Tomoko Hisamatsu Behind the White Cube

会場/ Venue:NADiff a/p/a/r/t
150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 1F
NADiff A/P/A/R/T 1F, 1-18-4 Ebis, Shibuya, Tokyo, 150-0013, JAPAN

会期:2022.08.11(木)—2022.08.21(日) 13-19時
Dates:August 11 (Thu) ‒ 21 (Sun) 1 PM – 7 PM

定休日:月、火、水
営業日:木、金、土、日、祝
Close: Mon, Tue, Wed
Open: Thu, Fri, Sat, Sun, and Public holiday

※8月16日(火)、17日(水)は営業いたします。
The 16th (The) and the 17th (Wed) will open.

More information: http://www.nadiff.com/?p=28227

=================
商品情報 Goods
久松が福島県喜多方市での滞在制作を機に描き続けている「赤べこ」。
展覧会にあわせて、モチーフキャラクターがプリントされたトートバッグとTシャツを販売いたします。
Akabeko (a Japanese red-cow toy) is a motif that Hisamatsu has been painting started since her experience as an artist in residency in Kitakata-city, Fukushima.
In conjunction with the exhibition, tote bags and T-shirts printed with the character will be on sale.

=================

 *作品の販売について About selling the exhibited artworks
展示作品の一部は2022年8月11日(木)13:00よりNADiff a/p/a/r/t店頭およびOIL by 美術手帖にて販売いたします。
The exhibited works will go on sale at the store NADiff a/p/a/r/t and the online shop OIL by Bijutsu Techo from August 11, 2022 (Thursday) at 13:00.
OIL by 美術手帖: https://oil.bijutsutecho.com/artist/1538


久松知子個展「ADVENTURE TIME」

久松知子個展「ADVENTURE TIME」
会期:2022年8月2日(火)〜10日(水)11時〜17時 入場無料
Dates:August 2 (Tue) ‒ 10 (Wed) 11 AM – 5 PM Admission free

*8月4日(木)休廊 * Close on August 4 Thursday
*オープニングパーティー 8月2日(火)18時〜20時 作家在廊 * Opening Party 6 PM- 8PM August 2

会場:ギャラリーつじるし
〒  996-0838 福島県喜多方市字永久7727−1
Venue:Gallery Tsujirushi
7727-1 Eikyu, Kitakata-Shi, Fukushima, 996-0838, JAPAN
Tel: 0241-22-0540

喜多方で2年ぶりの展覧会を行います。

会場は衣料品店のつじるしさんの一角のギャラリーです。展示に並ぶものは、新作の版画、赤べこトートバックやTシャツ、久しぶりの300円絵画などイロイロになる予定です。初日にパーティも行います。皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

I will hold my exhibition in Kitakata for the first time in two years. The venue will be in a gallery that is a part of the clothing store Tsujirushi. The exhibit will display my various works such as new prints, tote bags and T-shirts of Akabeko (赤べこ: a Japanese red-cow toy), a comeback of my long-awaited 300 Yen Paintings series, and so on! Also, the gallery will organize an opening party! I’m looking forward to seeing you guys there.

 


mini◯展

mini◯展
会期:2022年5月21日(土) – 6月10日(金)
火曜日-土曜日 12:00-19:00
日曜日・月曜日・祝日 休廊

会場:Sansiao gallery(〒103-0027 東京都中央区日本橋3-2-9 三晶ビルB1F)
http://sansiao-gallery.com

ミニマル・アート(Minimal Art)は、視覚芸術におけるミニマリズム(Minimalism)で、装飾的・説明的な部分をできるだけ削ぎ落とし、シンプルな形と色を使用して表現する彫刻や絵画のこと。今回はそんなミニマル作品と、読んで字のごとしで、ミニマル( ミニでマルい) 作品をemerging artist の方々に制作して頂き、ミニマル同士の作品を一緒に展示し楽しんで頂きたいと企画致しました。
 
参加作家
南花奈 金田涼子 宮間夕子 いちにほ 河染波留可 ちくわミエル 大橋麻里子 上床加奈 竹馬紀美子 ミルヨウコ 川口瑠利弥 nana かわのめぐみ 高田茉依 時田美鈴 谷川千佳 嶋田かなへ 藤原千晶 Egg Chip 菅本智 山口菜摘 空野菜摘子 植田陽貴 小西純 毬谷静 松島佳世 Roco Asada 繁田穂波 八太栄里 有村佳奈 ゆきちゃ 宮本香那 藤井智樹 浅井うね 根岸美穂 東麻奈美 サトウナツキ きゃらあい 黒田阿未 タカハシマホ 米満彩子 冨岡想 濱元祐佳 藤川さき 大山美鈴 濱田むぎ むすび 瀬崎百絵 しもかわしょうこ めろっこめろこ Sabrina Horak 岩岡純子 久村卓 斉木駿介 DAVIS UESUGI KOFFIE 久松知子 木原庸佐 鈴木ひょっとこ 田川秀樹 渡邉城大 a.k.a.JohDai


芸術の流通 久松知子展

会期:2022年4月13日(水) ~ 2022年4月25日(月)

時間:10時〜19時(最終日は午後5時終了)

会場:日本橋三越本店 本館6階 美術 
コンテンポラリーギャラリー
https://www.mistore.jp/…/shopnews_list/shopnews01541.html

作家在廊予定日:13日(水)、16日(土)、17日(日)
……………
画家 久松知子氏の、日本橋三越本店では2回目の個展を開催いたします。
日本の芸術史観を独自の着眼点で解釈した作品を発表し、絵画《レペゼン 日本の美術》で第18回岡本太郎現代芸術賞 岡本敏子賞を、《日本の美術を埋葬する》で第7回絹谷幸二賞奨励賞を受賞し、一躍話題となった久松氏。歴史的・土着的なコンテクストを足掛かりに鋭く美術界の現況を表現してきました。
今展では「芸術の流通」に着目し、作品発表の舞台裏にある情景や、埋もれていた美術品取引の歴史を可視化します。特に、1969年に三越で開催されたサザビーズ社のオークションや、1988年のロンドンのクリスティーズ社でのピカソの名画の落札など、三越の美術部と国内外との取引の歴史にまつわるエピソードに取材した作品など、新作約20点を展覧いたします。
アートの価値付けと作品の流通、そこに携わる人々について、サイト・スペシフィックな歴史や物語のテクストを紐解きながら再考し、楽しんでいただける機会となれば幸いです。
……………

芸術の土台とは地政学的なものだ。アートは生活に根差し、それぞれの文化の中で独自の生命を持つ。その取引はグローバルにもローカルにも広がり、異なる場所同士の文化的な交流によって成立してきた。
 
私が大学生の頃暮らしていた山形で、よく訪れていた美術館にはフランス近代絵画のコレクションがあった。
雪の日には長靴を履いて出掛けたその美術館で眺めていたモネやルノワールの絵は、どうやってここに来たのだろうか。また、日本の地方の美術館に印象派があることは、当たり前のようで、よく考えると不思議なことではないだろうか。
 
芸術の流通に関わる地政学を描く試みを通じて、この世界を見渡すためのヒントをつかむことはできるだろうか?
 
久松知子

放課後のあとの柔らかい会話

埼玉県蕨市内の住宅にて、アートを通した柔らかなコミュニケーションを目的とした4名の作家による展覧会を開催します。鑑賞者は予約時間に集合場所にお越し頂き、プライベートに近い空間での作品経験と対話の時間を過ごす参加型の小さなアートイベントです。

会期:4月15日(金)〜22日(金)
時間:13時〜19時(最終入場18時)

*本展覧会は予約制です。

会場:埼玉県蕨市某所の住宅
アクセス:JR京浜東北線蕨駅西口から徒歩約15分。会場の住所は非公開です。
ご予約の後、集合場所などの情報をメールにてご連絡いたします。

出品作家:泉川のはな、林俊、久松知子、山田有香

下記ウェブサイトよりご予約ください。
https://coubic.com/softly

=========
オンライン・クロージング・トークイベント:
4月22日(金)19時〜21時
Zoomで開催いたします。上記展覧会予約用ウェブサイトよりご予約ください。
=========

NISHIJI COLLECTION

会期/Exhibition Dates:
2022年2月23日(水) – 2022年3月12日(土)
February 23 (Wed) ‒ March 12 (Sat)

営業時間/Opening hours:
13 時~ 18 時 *展示期間中の水曜日から土曜日
13:00 – 18:00 *Wednesday to Saturday during the exhibition period

会場/Venue:
Kanda & Oliveira 千葉県船橋市西船 1-1-16-2
1-1-16-2 Nishifuna, Funabashi City, Chiba Prefecture

お問い合わせ先/Email:info@kandaoliveira.com
website : www.kandaoliveira.cominstagram)

展覧会詳細パンフレット/More Information
交通アクセス・出品作家などの詳細は、こちらのパンフレットをご覧ください。

=========

株式会社西治は、創業の地・西船橋にアートギャラリー「Kanda & Oliveira」をオー プンします。現代アートを中心に工芸や古美術の分野も取り入れた展覧会プログラムを企画し、アート作品 を展示・販売して参ります。 オープンにさきがけ、株式会社西治がコレクションしてきた国内外の現代アートコレクションを展覧会「NISHIJI COLLECTION」として公開いたします。


3331 ART FAIR 2021

3331 ART FAIR 2021

Tokyo Arts and Spaceのブースにて作品を展示予定です。
出品作品などの詳細は上述のリンクよりご覧ください。

会場:
3331 Arts Chiyoda
101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14

会期:
2021.10.29(金)〜 2021.10.31(日)

プレビュー:
10.28(木)15:00 〜 20:00 【ご招待者のみ】

時間:
10.29(金)、30(土)12:00 〜 20:00
10.31(日)12:00 〜 18:30

料金・アクセスなどその他の情報は、フェアのWEBSITEをご覧ください。


久松知子個展/ トライギャラリーおちゃのみず

久松知子個展「EDO TIME」

会場:
トライギャラリーおちゃのみず(instagram)(web)
101-0062  東京都千代田区神田駿河台3−5

会期:
2021.10.8(金)〜2021.10.14(木)
12時〜17時/入場無料・会期中無休

アクセス:
【地下鉄】
新お茶の水(千代田線)より徒歩約4分
小川町(都営新宿線)より徒歩約6分
【JR】
御茶ノ水駅(総武線・中央線)より徒歩約8分

===============

江戸を旅する知子さんから
この憂き世を感じさせない
愉しい画像が届きました。
歌麿、写楽、北斎、清長なども
登場するのでしょうか。


久松知子展「Storyteller」/ ギャラリー桜林

久松知子展「Storyteller」
会期:2021年6月 27日(日)~ 8月29日(日)
開廊時間:10:00~16:00 / 入場無料
休廊:毎週水曜日
オンライン販売期間: 6月28日(月)〜
会場/お問合せ:ギャラリー桜林 
〒309-1634 茨城県笠間市福原2081番常陸国出雲大社 桜林館1F
Tel/fax:0296-71-6700 E-mail:ohrin@izumotaisha.or.jp


この度、NADiff Window Galleryでは、画家の久松知子による展示「300円絵画」を開催いたします。日本近代美術史をはじめとした歴史上の人物や、日本のローカルな文化などを題材にした絵画を主に描く久松ですが、昨年より始めたプロジェクトで新たな展開をみせています。従来の表現に捉われず、アートの在り方を思考しながら挑戦し発表を続ける、久松知子最新の展示を是非お見逃しなく。

詳細はこちら→ http://www.nadiff.com/?p=23307

会期:
2021.04.01[木]—2021.04.25[日

営業時間:
※当面の間、営業日と時間を変更いたします。
営業日:木、金、土、日、祝
営業時間:13~19時 


会場:
NADiff a/p/a/r/t
150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 1F
TEL. 03-3446-4977


 
 Copyright ©  2019  HISAMATSU TOMOKO